転職Q&A

CSRとは?

企業の社会的責任を指します。

CSRとはCorporate Social Responsibility"の略称であり、企業の社会的責任を意味します。具体的には、企業が利益の追求だけでなく事業活動を通して、社会に貢献する責任のことを指します。

企業は、事業活動を続けていくにあたり、取引先や消費者、従業員、株主、ひいては自治体や行政、地域社会などさまざまなステークホルダーと関わりを持ちます。これらのステークホルダーから信頼を得るために行う以下のような活動が代表的なCSR活動として挙げられます。

  • 法令遵守
  • 環境への取り組み
  • 安全な商品(サービス)の提供
  • 地域貢献
  • 内部統制の確立

しかし、ステークホルダーはその企業により異なるため、企業がCSRを推進する場合、自社の特徴にあった課題を抽出し最適な活動を行うことが求められます。

日本では企業や社員による寄付やボランティアと混同されがちですが、利益の一部を寄付することや、ボランティアを行っているといったブランディングが必ずしもステークホルダーから信頼を得て社会的責任を果たすことにはならないため区別して考える必要があります。