転職Q&A

CSRとは?

企業の社会的責任を指します。

■CSRとは?

CSRとは"Corporate Social Responsibility"の略称であり、企業の社会的責任を意味します。具体的には、企業が利益の追求だけでなく事業活動を通して、社会に貢献する責任のことを指します。

企業の目的の一つは自社の利益を最大化することですが、企業の利益が必ずしも社会の利益に繋がるとは限りません。例えば、環境汚染、資源・食糧の逼迫、欠陥製品による人体への害、不当な労働環境等、企業活動による社会に対するネガティブな影響が生じることもあります。しかし、社会の発展なくして企業の存続も不可能である限り、企業は社会の一員として社会の発展に貢献していく責任を担っていると言えます。

特に、企業規模が大きくなればなるほど、企業活動の社会に与える影響は拡大していき、社会的存在としての性格が強まります。そのため、企業が事業活動を続けていくにあたり、株主、取引先、消費者、従業員、ひいては自治体や行政、地域社会などさまざまなステークホルダーの利益を考慮して活動していくことが求められるようになります。

このような考え方から、CSRという言葉の注目度が高まっています。

■CSR活動

社会的存在として企業が社会における責任を果たすため、直接自社の利益に結びつく活動とは別にCSR活動を推進する企業が増えています。

CSR活動の取組みは企業によって様々ですが、具体例としては以下のような活動が挙げられます。

  • 法令遵守
  • 環境への取り組み
  • 安全な商品(サービス)の提供
  • 地域貢献
  • 内部統制の確立
  • ダイバーシティの推進 など

ステークホルダーの利益を考慮する点で、企業が属する業界によっては、特定の分野に対する社会貢献が行われる場合もあります。

直接的な利益に繋がらないCSR活動は、企業にとってコストとして捉えられることもありますが、ステークホルダーからの信頼構築による長期的な利益に結びつくことも少なくありません。実際に、CSR活動の内容によってはメディアに取り上げられることもあり、企業のブランディング向上に寄与する場合もあります。

特に、情報化社会が進むにつれ、以前は外部に届きにくかった消費者・従業員の声が表に出てくるようになりました。必然的に、企業の実態も人目に触れやすくなります。つまり、企業が社会的責任を果たす意識を持っているのか否か、外部から見ても判断がしやすい時代だと言えます。そのため、一層のことCSR活動への取組みは今後注目されていくと考えられます。