転職Q&A

パッケージソフトとは?

一般的に、包装された状態で市販されるソフトウェアのことを指します。

一般的にパッケージソフトとは、包装された状態で販売されるソフトウェアのことを指します。

具体的には、CD-ROM・DVD-ROMに記録されているソフトウェアを、説明書と共に箱に入れて量販店で販売するような例が挙げられるでしょう。パッケージソフトを購入した後には、CD-ROM・DVD-ROMをパソコンに読み込んでインストールすることになります。パッケージソフトは市販する目的で作られているため、特定の業務において汎用的に利用できるようになっていることが一般的です。

求めている機能がパッケージソフトウェアで満たされるのであれば、ソフトウェアを独自に開発する必要がなくなるので、手間を省くことができるようになります。さらに、パッケージソフトウェアは比較的安価に導入することもできるので、その点もメリットと言えます。

ただし、パッケージソフトは既に完成しているソフトウェアであるため、利用者はパッケージソフトにおいてあらかじめ用意されている機能しか利用することができません。また、利用者個別の事情により必要な機能が別個にあったとしてもカスタマイズできるとは限りません。

パッケージソフト開発の仕事を検索する