転職Q&A

ストックオプションとは?

一定の条件のもと自社株を事前に定められた価格で将来購入できる権利のことを指します。

ストックオプションとは、企業が従業員や役員に対して一定の条件のもと自社株を事前に定められた価格で将来購入できる権利のことを指します。もともとはアメリカで始まり日本では1997年の商法改正により全面解禁されました。

自社株の価格が上昇した際にストックオプションにより定められた価格で株式を取得し売却すれば、市場価格との差額が利益となるため一般的にはインセンティブ報酬の趣旨で付与されます。企業にとっては自社株を提供するため資金的にはローリスクであり、従業員や役員の業績向上への動機付けを強くすることができます。このため、財務の余裕がないベンチャー企業で多く導入されています。

企業の主なメリット・デメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

■メリット

  • 優秀な人材の確保や流出防止
  • ストックオプションを付与された従業員や役員のモチベーション向上
  • 企業全体の業績向上という目的の共有 など


■デメリット

  • ストックオプションを行使し多額の利益を得た人材の流出
  • 株価低迷による士気低下
  • 付与基準が不明確な場合におけるストックオプションを得られなかった従業員の士気低下 など