• 無料 新規会員登録
  • ログイン

履歴書

履歴書の修正方法とは?そもそも修正はOK?

間違いがある場合は、書き直しが原則です。

パソコンで履歴書を作成していれば、内容に間違いがあってもデータを修正して再度印刷するだけで済みます。一方で、手書きで履歴書を作成していてミスをしてしまった場合にはどう対処すべきでしょうか。

修正液・修正テープの使用は避けましょう。

履歴書を手書きする時の修正方法としてまず思いつくのは修正液・修正テープを使うことでしょう。しかし、修正液・修正テープで履歴書を直すことは避けるべきです。修正液・修正テープはどうしても修正した痕跡が残り、採用担当者から修正したことが分かってしまいます。

企業へ提出する正式な書類である履歴書なのに、痕跡が残るような修正の仕方をしては、雑な印象を与えるのに加えて、志望度も低いと思われてしまいます。

では、消せるボールペンはどうでしょう。消せるボールペンならキレイに修正できる可能性はあります。しかし、消せるボールペンも摩擦などで文字が薄くなる可能性があるので使用を控えるべきです。そもそも、自身の情報を正確に記す必要のある履歴書を、後から修正が容易な状態で提出するのは望ましくありません。

原則は書き直し

履歴書で書き間違いをしてしまったときは、一から書き直すのが原則です。同じ内容をまた書き、新しい用紙も用意しなければいけないので手間にはなりますが、企業に提出する書類なので面倒くさがらないようにしましょう。

もし書き直しを避けたいのであれば、パソコンで履歴書を作成するという選択肢もあります。企業によってはパソコンによる履歴書作成を嫌うこともありますが、最近はパソコンによる履歴書作成を可とする企業は非常に多いです。

どうしても書き直す時間がない場合の修正方法

面談の直前に履歴書に不備があると発覚した場合など、どうしても書き直す時間がない場合はどのように対応すればいいでしょうか。

そのような場合には、訂正箇所に二重線を引き、上下の余白に正しい内容を書きなおしましょう。さらに、二重線を引いた箇所に自身の印鑑を使って訂正印を押しましょう。

もちろん、このようなことがないよう、履歴書内容に問題がないか慎重に確認し、もし問題があった場合でも書き直しができるよう時間に余裕を持たせて履歴書の作成を行うべきです。あくまで最後の手段と考えましょう。

20代ならではの履歴書の書き方

履歴書テンプレートダウンロード

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

第二新卒者向け転職支援サービスならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、第二新卒者・20代若手向けの転職支援(人材紹介)サービスです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
お預かりしている求人も"全て"20代若手社会人・第二新卒を必要としている求人です。
お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む