• 無料 新規会員登録
  • ログイン

履歴書

履歴書の本人希望欄は何を書けばいいの?

特に記載する内容がなければ「貴社規定でお願いいたします」で問題ありません。

何でも自由に記載することは避けるべき

履歴書の本人希望欄は、そのままの意味で受け取れば、企業に対する応募者の希望を書く欄となります。しかし履歴書は、企業の採用担当者が最初に接触する、応募者に関する情報です。職務経歴書と共に書類選考の判断材料に用いられるので、印象が下がるような記載はなるべく避けたいところ。

例えば年収・勤務地・勤務時間といった条件に関する希望を履歴書に書くと、「条件が合わないと入社しないだろう」と思われてしまいます。要望ばかりが多い、というわがままな印象を与えてしまっては、選考で不利です。

もちろん、希望の条件について企業に対して伝えてはいけないということではありません。ただ、書類選考で用いられる履歴書よりも効果的に伝えられる場があります。

例えば、面接選考や内定交渉等の場では、採用担当者とコミュニケーションを取りながら希望条件について伝えることができます。一方的にしか希望を伝えることができない書面上と違って、細かなニュアンスも伝えることができるのです。また、転職エージェントに登録しているのであれば、アドバイザーを介して伝えるのがいいでしょう。アドバイザーであれば、応募者の不利になるような伝え方はしないので、安心できます。伝えにくいことをアドバイザー経由で伝えられるのは、転職エージェントのメリットの一つです。

記載する内容

希望を伝える場は他にもあるので、無理に本人希望欄を埋める必要はありません。

現職中の方であれば、日中に企業からの電話に出ることが難しいでしょうから、連絡希望時間帯(連絡不可時間帯)を記載しておくことで企業に手間がかからないようにすることができます。こういった点については記載しても問題ないでしょう。

また、複数職種の求人に応募する場合は希望する求人を記載しておきましょう。

その他、不可抗力の事情により、どうしても勤務地や勤務時間について制限がある場合は、あらかじめ履歴書に記載してもいいでしょう。その際には、態勢を整える努力をしていることを併せて記載しておきましょう。

記載する内容がなければ「貴社規定でお願いいたします」と書く

特に記載することがない場合は、「貴社規定でお願いいたします」と書きます。「貴社規定に従います」「貴社規定に準じます」のように記載するのでも問題ありません。

20代ならではの履歴書の書き方

履歴書テンプレートダウンロード

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

第二新卒者向け転職支援サービスならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、第二新卒者・20代若手向けの転職支援(人材紹介)サービスです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
お預かりしている求人も"全て"20代若手社会人・第二新卒を必要としている求人です。
お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む