履歴書の扶養家族欄の書き方とは?|20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

  • 無料 新規会員登録
  • ログイン

履歴書

履歴書の扶養家族欄の書き方とは?

扶養の定義を理解した上で、扶養家族の人数を記載しましょう。

履歴書の扶養家族欄には扶養家族の人数を記載することになります。健康保険の給付や所得税の所得控除はもちろん、扶養家族の人数によって家族手当の支給有無も決まることがあるため、漏らさずに記載しておきましょう。ただ、扶養家族の定義を理解できないと、扶養家族の人数も分からないでしょう。

そこで、まずは扶養家族の定義を理解しておきましょう。

扶養家族とは

扶養家族とは、生活面での助けを必要とする家族のことを指します。つまり、自分の収入で養っている家族は全て扶養家族に該当します。

ただ、家族の中に一定の収入がある方もいるでしょう。そこで、健康保険法・所得税法では扶養家族となれる者について基準を設けています。健康保険法における扶養家族の基準は以下です。

  • 年間収入130万円未満(60歳以上または障害者の場合は、年間収入180万円未満)
  • 収入が扶養者の収入の半分未満

上記の基準を満たす、配偶者・子・孫・兄弟姉妹・父母/祖父母などの直系尊属、または、同居している3親等以内の親族・内縁関係の配偶者の父母及び子が扶養家族とされます。

所得税法上の扶養家族は、年間給与所得が103万円以下の6親等内の血族及び3親等内の姻族であることが基準となります。

履歴書の扶養家族欄の書き方

履歴書の扶養家族欄には、扶養家族の人数を記載することになりますが、扶養家族の基準としては健康保険法の基準を用いることが一般的です。ただし、「配偶者を除く」と記載されている場合は、扶養家族の人数から配偶者を除いた人数を記載します。

配偶者については、配偶者の有無を確認する欄、配偶者の扶養義務有無を確認する欄が、扶養家族欄とは別に設けられていることが多いです。離婚している場合は、配偶者は無しとなります。また、事実婚の場合も配偶者としては認められないので、配偶者は無しをします。

子供が配偶者の扶養に入っている場合は、その子供を自身の扶養家族としてカウントすることができないことにも注意をしましょう。

20代ならではの履歴書の書き方

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

第二新卒者向け転職支援サービスならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、第二新卒者・20代若手向けの転職支援(人材紹介)サービスです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
お預かりしている求人も"全て"20代若手社会人・第二新卒を必要としている求人です。
お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む