転職Q&A

履歴書に印鑑の押印は必要なのでしょうか?

基本的には不要ですが、押印が必要となる場合もあります。

以前は多くの履歴書に押印欄が設けられており、履歴書へ押印することが一般的でした。

一方で、最近の履歴書には押印欄が設けられていないことがほとんどです。押印欄のない履歴書も印鑑で押印すべきなのか、迷う方もいるでしょう。

結論として、押印欄のない履歴書を使用する場合には押印の必要はありません

それでは、そもそもなぜ現在は押印欄のない履歴書が多くなっているのでしょうか。それには1997年に閣議決定された『押印見直しガイドライン』が関係しています。『押印見直しガイドライン』では、行政手続きの簡素化を目的に、押印の在り方が見直されています。そして履歴書は、押印の在り方を見直すべき対象としてガイドラインの中で挙げられたのです。『押印見直しガイドライン』において履歴書は、"押印を求める必要性や実質的意義が乏しく、押印を廃止しても支障のないものは廃止し、記名のみでよいこととする。 "とされています。つまり、押印をする意味が薄く、押印を廃止しても問題がないとされました。現在、押印欄のない履歴書が多くなっている背景には、このような閣議決定が関わっています。

押印の役割が、"文書が作成者の意思に基づいて作成されたこと"を示す証拠を残すためであることを考えると、確かに履歴書への押印の必要性は高くありません。履歴書への押印を行うことは形式化されていた部分も多分にあり、『押印見直しガイドライン』によって履歴書への押印が不要とされたことは合理的だと言えます。

しかし、以下のような場合には、押印を行った方がいいでしょう。

   

  • 押印欄のある履歴書を使用する場合
  • 採用担当者に押印を求められた場合

上記のように押印の必要が生じた場合には、氏名の右横に氏名と被らないように押印を行いましょう。また、押印は認印で行うことが一般的です。

履歴書への押印は、失敗すると履歴書の作り直しの必要が生じます。印影がハッキリと出るよう、丁寧に押印することを心がけましょう。押印が苦手な方は、押印の機会をなるべく避けるのも手です。採用担当者に押印を求められた場合や、企業によって押印欄のある履歴書フォーマットが用意されている場合は避けられませんが、自分で履歴書を準備する場合に押印欄のない履歴書を選ぶことはできます。

20代ならではの履歴書の書き方