20代・第二新卒向け転職支援サイト/転職Q&A 合同会社とは?

  • 無料 新規会員登録
  • ログイン

求人の見方

合同会社とは?

アメリカのLLCをモデルとした、日本における会社形態の一つです。

合同会社とは?

合同会社とは、2006年5月に新しく設けられた会社形態で、アメリカ合衆国のLLC(有限責任会社)をモデルとしています。そのため、日本版LLCと呼ばれることもあります。

株式会社と同様に資本金1円から設立可能ですが、設立時に必要な登録免許税は合同会社の方がやや安く、設立手続きも合同会社の方がやや簡易であり、株式会社と比較して容易に設立することができます。このような背景もあり、制度開始1年で約5,000社設立され、その後も設立数は増えています。

合同会社は怪しい?

合同会社は一般的に聞きなれない会社形態であり、怪しい会社というイメージを持たれる方もいるでしょう。

確かに知名度のある大企業には株式会社が多く、合同会社の名を見ることは少ないです。これは、合同会社が上場を想定していない会社形態であることに関係します。上場を想定しないということもあり、合同会社は株式会社と比べて外部からの大規模資金調達には不向きです。このことにより、そもそもの設立数が株式会社の方が多いのも手伝って、知名度のある大企業は自然と株式会社が中心となるのです。

しかし、有名な外国企業の日本法人が合同会社で設立されているケースもあります。また、合同会社は出資者の責任が有限責任である点も株式会社と同様です。株式会社にはない合同会社ならではのメリットも存在しており、会社設立の選択肢といて有力な会社形態となります。つまり、知名度が低いだけで、合同会社の中に怪しい会社が多いということは全くありません。

合同会社のメリット:定款設計の自由度が高い

定款とは会社のルールを定めたものですが、合同会社は株式会社と比較して定款の内容を自由に設計することができるという利点があります。具体的には、

  • 業務の執行
  • 利益損失の配分
  • 残余財産の分配
  • 定款の変更 など

についてどのように決定するかについて定款で定めることが可能なのです。

合同会社のメリット:意思決定が早い

株式会社では出資者(株主)と役員(取締役)は分離しており、決議事項によって意思決定機関が株主総会であったり取締役会であったり異なります。

しかし、合同会社においては出資と経営が一体となっており、意思決定手続きが株式会社と比較してシンプルになっています。そのため、一般論としては意思決定も早くなります。

合同会社のデメリット

合同会社は上場ができないため、上場を目指す場合には基本的に向いていません。
※合同会社を株式会社に組織変更することも可能です。

また、知名度が低いという点はデメリットです。知名度が低いために、中にはイメージで合同会社を"怪しい"と考える方が存在する可能性もあるからです。

サービスについて

マイナビジョブ20'sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職サービスです。面接対策・書類添削・求人紹介・適性診断など、充実した体制で皆さまの転職活動をフルサポートいたします。

セミナー案内

一覧を見る

マイナビジョブ20'sでは書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントを数多く開催しています。東京・名古屋・大阪・京都に拠点を設けているので、お気軽にご参加ください。

第二新卒者向け転職支援サービスならマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、第二新卒者・20代若手向けの転職支援(人材紹介)サービスです。
マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事をご紹介。
お預かりしている求人も"全て"20代若手社会人・第二新卒を必要としている求人です。
お気軽にご相談ください。

マイナビジョブ20'sに申し込む