転職Q&A

年俸制とはどのような制度ですか?

年俸制とは給与額を1年単位で決定する制度です。

年俸制とは給与額を1年単位で決定する制度です。あくまで給与額の"決定"を1年単位で行うものであるため、年俸制の場合でも給与の支払いは最低月1回行われます。

また、"年俸制=残業代が支払われない"と誤解されている方もいますが、労働基準法により、企業は年俸制を導入する場合にも残業代を支払う必要があります。例外として、労働基準法において労働時間に関する規制がない管理監督者には、法定時間を超える労働時間がなされても割増賃金(残業代)を支払う必要はなくなりますが、いずれにせよ年俸制によって残業代の支払いが免除されているわけではありません。

ただし、年俸にあらかじめ残業代を含ませることはできます。年俸制では残業代が支払われないという誤解は、このことにより生じていると考えられます。しかし、年俸に残業代が含まれていたとしても、残業が無制限に許されるわけではありません。残業代を年俸制に含ませるためには、企業は以下の条件を満たす必要があります。

  • 年俸に残業代が含まれていることが労働契約の内容から明らかであること
  • 基本給と残業代の部分が区別されており、その額が明確になっていること
  • 実際の残業時間に対応する残業代を下回っていないこと

つまり、あらかじめ年俸に含めていた残業代を超える労働を行った場合は、超過分に対応する残業代も支払われなければいけません。

   

以上より、通常の月給制と大差がないように思われるかもしれませんが、年俸制はその性質上"成果主義"と結びつけられることが多い傾向にあります。特に成果主義の色合いが顕著な例として、プロ野球における年俸制が挙げられます。給与額を年単位で決定するために、社員の前年度業績の評価に基づいて、翌年度の年俸を決定していくような方法は企業にも採用されているケースが見られます。

年俸制は成果・業績を評価されたいと考えている方には適している給与形態と言えます。