転職Q&A

完全週休2日制と週休2日制はどのように違うのでしょうか?

毎週必ず2日の休みがあるのか、月に1度以上の週2日休みがあるかによって区別されます。

完全週休2日制と週休2日制は言葉が似ているため混同されがちですが、その意味するところは異なります。求人情報では頻出の用語ですので、これらの違いはしっかりと理解しておくべきでしょう。

完全週休2日制とは、毎週必ず2日間の休みがある制度です。ただし、あくまで毎週2日間の休みがあることを指すだけですので、曜日について決まりがあるわけではありません。一般的には土日の休みをイメージされると思いますが、以下のような場合でも完全週休2日制に該当します。

   

  • 毎週水曜日と日曜日が必ず休み
  • 毎週日曜日とその他の曜日が1日必ず休み
  • 曜日は固定されていないが、シフト制により毎週2日必ず休み

つまり、固定の休日が2日間とも平日であろうと完全週休2日制にあたります。なお、完全週休2日制の中に祝日は含まれないことに注意が必要です。もし祝日も必ず休みである場合は、求人情報に完全週休2日制である旨とは別途に、祝日も休みである点が記載されます。祝日に関する記載がなくとも、原則祝日を休みにしていることもありますので、面接などで確認しておくと確実でしょう。

一方、週休2日制とは、1ヶ月の間に週2日間の休みが1度以上ある制度です。つまり、週休2日制の場合は、毎週必ず2日間の休みがあるわけではありません。ただし、その場合でも最低週1日間の休みは労働基準法によって規定されているので、週1日の休みがあります。

企業によって休みに関する細かい規定は異なることが多いので、キャリアアドバイザーや企業の採用担当者から詳細を聞いておくことをおすすめします。