転職Q&A

リフレッシュ休暇とは?

職業生涯の節目に勤労者の心身の疲労回復等を目的として付与される休暇です。

リフレッシュ休暇は、「職業生涯の節目に勤労者の心身の疲労回復等を目的として付与される休暇」です。

法律で定められた休暇制度ではなく、企業が任意に定める特別な休暇制度に含まれます。休暇制度の内容について具体的な決まりはなく、企業によって制度の詳細は様々です。

例としては、勤続3年ごとに5日間の休暇を付与するようなケースが挙げられます。ただし、企業によって勤続年数の節目の区切り方が異なったり、取得できる連休の期間が異なります。また、勤続年数によって取得できる休暇が長くなるという事例もあり、弾力性のある制度だといえます。

企業の導入率は、全体でまだ11.1%(平成24年)に留まる一方で、規模が1,000人以上の企業では40.4%(平成24年)に達していて、規模が大きい企業ほど導入率が高い傾向にあります。

リフレッシュ休暇は企業が任意に定める制度であるため、休暇中の賃金支給について決まりはありません。だが、全体の83.6%(平成25年)の企業は休暇中も賃金を全額支給している。また、規模1,000人以上の企業に関しては、全体の92.2%(平成25年)が全額支給としている。

出典:厚生労働省ホームページ
(http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/13/gaiyou01.html)