20代の転職を考える

悩みの多い20代。特に生活の中で多くの時間を費やす仕事に関しては、誰もが一度は悩みを抱えたご経験があるのではないでしょうか。このページでは、転職活動を始める前に考えるべきことや、同じ世代の皆がどんな悩みを抱えているのかをご紹介します。

20代だからこそ悩みも多い

20代の悩み20代の若手社会人は、誰もが理想も持っています。自分に合った仕事に夢中になり、恋人や友人達とプライベートを充実させ、結婚や家庭に恵まれながら、一度しかない人生を有意義な時間で満たしたいもの。しかし、その理想とは反対に、若いがゆえに悩みの多い時期ともいえるでしょう。新卒で就職したはいいものの、現実社会の厳しさに翻弄され、恋人や友人達と比較をしてしまい、自分のことで頭がいっぱいになり、これから先、自分はどのような人生を歩んでいくのか不透明なまま時間だけが過ぎていく。この理想と現実に、皆さまも一度はぶつかったことがあるのではないでしょうか?

20代の仕事に関する悩みとは?

20代若手社会人の転職を支援する私たちマイナビジョブ20'sは、数えきれないほどそのような20代の声を聞いてきました。その上で一つ言えること。20代は「むしろそういう時期」なのです。悩んで当たり前、将来を不安に感じて当たり前なのです。特に、生活の大半の時間を費やす"仕事"に関しては、悩まない人の方が少ないでしょう。社会人経験のない状態で就職活動を行い、天職と呼ばれる仕事にめぐりあうこと自体が不思議なものです。

では、働く20代の悩みというものは、どのようなものなのでしょうか?
私たちはよくこんな言葉を耳にします。

20代の仕事に関する悩み

  • 単純に仕事がつらい、おもしろくない
  • 就職した時と仕事(会社)のイメージが違いすぎた
  • 休みがとれず、プライベートの時間がとれない
  • このままだと将来像が描けない
  • 自分にスキル(専門性)がついていないような気がする
  • 会社に将来性を感じなくなってきた
  • 人間関係がうまくいかない
  • 同年代と比べて年収が低い

皆さまはいかがでしょうか?上記の中で、自分も感じたことがある悩みがあるのではないでしょうか?社会には、このような悩みを持つ20代の若手社会人がたくさんいるのです。

ただ、ここで注目したい点があります。ほとんどの20代の若手社会人がこのような悩みを持つ傾向があったとしても、全ての若手社会人が仕事に充実感を持てないわけではありません。中には、着々と自分のスキルを磨き、経験値を高め、きちんと将来設計をしている人もいるのです。

それでは、同じ悩みを持つ人でも、なぜこんなにも違うのでしょうか?その点をきちんと整理し見つめ直すと、少しずつ自分の行くべき方向も見えてくるでしょう。

転職は選択肢の一つ。まずは今の自分に真剣に向き合おう

20代の転職私たちマイナビジョブ20'sは、これからの社会を担う20代の若手社会人の転職をサポートしています。転職という方法や形だけにとらわれず、自分自身の人生や将来を真剣に考え設計していく積極的な行動を全面的に支援しています。

誰にでも悩みはあり、経験の少ない20代ならなおさらのこと。転職をせず、今いる場所で自分の価値を高めていく、これも重要な選択肢の一つです。転職すれば、全ての道が開けるわけではありません。「今の自分の課題は何か?」「力を注ぐポイントはどこなのか?」「社会での自分の市場価値はどれくらいか?」そこに真剣に向き合うことで、おのずと転職成功の鍵を見つけることができるでしょう。

20代の転職活動なら マイナビジョブ20's
ページの先頭へ